ホテルの防音工事からピアノ・ヴァイオリンなどの楽器防音室まで、防音工事・音響設計はWithにお任せください





  ホテル客室・宴会場・カラオケルーム・会議室から結婚式場まで

 ホテルの防音工事

ホテル防音工事のウィズ
防音工事のウィズ home防音工事のウィズ 会社概要防音工事のウィズ 製品情報防音工事のウィズ 工事実績防音工事のウィズ お問合せフォーム防音工事のウィズ サイトマップ防音工事のウィズ 個人情報保護方針
ホテル

 ホテルのお客様満足度において、音環境の充実は重要な要素です。客室間の防音性能や、宴会場・カラオケルームなどの騒音問題まで、幅広く対応しております。防音・防振・音響性能はもちろんのこと、集客を考えた内装デザインもご提案させていただきます。防音・音響工事に限らず、
リフォーム・内装工事だけでもお気軽にお問合せください。
 また、ホテルの機械室や屋上機械の騒音対策・防音工事防音壁は、曙工業株式会社で対応させていただきます。
ホテルの防音工事


ホテルの音響性能


客室間同士の防音性能は、コンクリート・ブロックの間仕切壁ならGL工法でなければあまり問題が起きません。しかし、低コストの仕上げ工事のため、GL工法の場合では、隣のテレビの音、会話がはっきり聞こえ問題となっている場合があります。また、客室に隣接した宴会場、レストラン、カラオケルーム、機械室などでは、防音工事が、必要不可欠となります。

ホテル 防音工事 ロビー ホテル 防音工事 レストラン
ホテル・レストランにも快適な音空間を........

■防音設計の目標値
部屋の防音性能は、D値という遮音性能の等級で評価されます。D値と人の聞こえ方(感じ方)の対応はおおよそ下記表のような関係になっています。これより、隣室の使用条件によって必要な防音性能は変わりますが、Dr-50〜Dr-60程度が目標値となります。また、宴会場や音楽などに使用される部屋の場合は、Dr-60〜Dr-70程度となります。

日本建築学会によるホテル遮音性能基準
ホテル客室の遮音性能基準 適 用 等 級
特 級 1 級 2 級 3 級
室間音圧レベル差 客室間界壁・界床 Dr(D) Dr-55 Dr-50 Dr-45 Dr-40
床衝撃音レベル 重量衝撃音 界床 L(LH) L-45 L-50 L-55 L-60
軽量衝撃音 界床 L(LL) L-40 L-45 L-50 L-55
室内騒音 騒音レベル dB(A) --- 35 40 45
騒音等級 N --- N-35 N-40 N-45
騒音等級 NC --- NC-30 NC-35 NC-40
適用等級の意味 特にすぐれている すぐれている 標準的である やや劣る
特別に高い性能が要求された場合の性能水準 建築学会が推奨する好ましい性能水準 一般的な性能水準 やむを得ない場合に許容される性能水準

表示尺度と住宅における生活実感との対応例
空気音 遮音等級 Dr-65 Dr-60 Dr-55 Dr-50 Dr-45 Dr-40 Dr-35 Dr-30 Dr-25 Dr-20 Dr-15 備考
ピアノ、ステレオ等の大きい音 通常では聞えない ほとんど聞えない かすかに聞える 小さく聞える かなり聞える 楽曲がはっきり分かる よく聞える 大変よく聞える うるさい かなりうるさい 大変うるさい 音源から1mで90dBA前後を想定
テレビ、ラジオ、会話等の一般の発生音 聞えない 聞えない 通常では聞えない ほとんど聞えない かすかに聞える 小さく聞える かなり聞える 話の内容がわかる はっきり内容がわかる よく聞こえる つつぬけ状態 音源から1mで75dBA前後を想定
生活実感、プライバシーの確保 ピアノやステレオを楽しめる
*機器類の防振は不可欠
カラオケパーティ等を行っても問題ない
*機器類の防振が必要
隣戸の気配を感じない 日常生活で気がねなく生活できる
隣戸をほとんど意識しない
隣戸住宅の有無がわかるがあまり気にならない 隣戸の生活がある程度わかる 隣戸の生活がかなりわかる 隣戸の生活行為がよくわかる 隣戸の生活行為が大変よくわかる 行動がすべてわかる 遮音されているという状態ではない      小さな物音までわかる 生活行為、気配での例
床衝撃音 遮音等級 L-30 L-35 L-40 L-45 L-50 L-55 L-60 L-65 L-70 L-75 L-80 備考
人の走り回り、飛び跳ねなど 通常ではまず聞えない ほとんど聞えない かすかに聞えるが、遠くから聞こえる感じ 聞えるが、意識することはあまりない 小さく聞える 聞える よく聞える 発生音がかなり気になる うるさい かなりうるさい うるさくて我慢できない 低音域の音、重量・柔衝撃源
椅子の移動音、物の落下音など 聞えない 通常ではまず聞えない ほとんど聞えない 小さく聞える 聞える 発生音が気になる 発生音がかなり気になる うるさい かなりうるさい 大変うるさい うるさくて我慢できない 高音域の音,軽量・柔衝撃音
生活実感、プライバシーの確保 上階の気配を全く感じない 上階の気配を感じることがある 上階で物音がかすかにする程度
気配は感じるが気にはならない
上階の生活が多少意識される状態
スプーンを落とすとかすかに聞こえる   
大きな動きはわかる
上階の生活状況が意識される   椅子を引きずる音は聞こえる   歩行などがわかる 上階の生活行為がある程度わかる椅子を引きずる音はうるさく感じるスリッパ歩行音が聞こえる 上階住戸の生活行為がわかる   スリッパ歩行音がよく聞こえる 上階住戸の生活行為がよくわかる たいていの落下音ははっきり聞こえる  
素足でも聞こえる
生活行為が大変よくわかる    人の位置がわかる
全ての落下音が気になる
大変うるさい
同左 生活行為、気配での例
日本建築学会より

■Dr値とは、
Dr値とは、JISで決められた遮音性能(防音性能)の評価方法です。下記のグラフに示すように、500Hzの遮音量を基準としたものです。JIS A 1419-1(2000)「建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法ー第一部:遮断性能」に示される空気遮断性能を評価するための基準曲線の周波数特性と等級を用いて評価します。各周波数における測定値をプロットし、結んだ曲線に対して、等級曲線を全て上回る一番高い等級曲線をその等級と読みます。(各周波数最大2dB許容)図-1で示した例では、Dr-40となります。
ホテルの防音工事 遮音等級D値
図-1 空気遮断性能(防音性能)

■L値とは、
L値とは、JISで決められた床衝撃音遮断性能の評価方法です。下記のグラフに示すように、500Hzの床衝撃音を基準としたものです。JIS A 1418「建築物の床衝撃音遮断性能の測定」に示される床衝撃音遮断性能を評価するための基準曲線の周波数特性と等級を用いて評価します。各周波数における測定値をプロットし、結んだ曲線に対して、等級曲線を全て上回る一番高い等級曲線をその等級と読みます。(各周波数最大2dB許容)
床衝撃音性能L値評価グラフ

図-2 床衝撃音遮断性能 L等級



■高度な防音性能が必要な宴会場・ホール・カラオケルームの防音・防振構造
単一部材の遮音性能は、入射音の周波数と材料の面密度の対数に比例します。(質量則)つまり、材料の重量が増えると遮音性能があがります。しかし、質量則では、重量を2倍(同一材なら厚みを2倍)にしても6dBしか遮音量は増加しません。
 この質量則以上の遮音量を得るには、部材間に空気層をとった二重壁を構成することにより可能となります。また、この部材間の振動伝達を抑えることによりさらに防音性能が向上します。したがって、
高度な防音性能が必要な場合は、防振設計が必要不可欠となります。また、音は空気を伝播してくるもの(空気伝播音)と壁・床・天井などの物体内を伝播するもの(固体伝播音)があります。固体伝播音は、その物体が振動することで音が伝播するので壁などを厚くするだけでなく防振構造(浮遮音層)が必要となります。
高度な防音・防振構造
ホテルで高度な防音性能が必要な部屋の防音構造 概念図


防音工事のウィズ home防音工事のウィズ 会社概要防音工事のウィズ 製品情報防音工事のウィズ 工事実績防音工事のウィズ お問合せフォーム防音工事のウィズ サイトマップ防音工事のウィズ 個人情報保護方針

防音工事・内装工事
株式会社
ウィズ
ホテルの防音工事・音響設計のお問合せは、 Tel 03-5605-3635
内装業工事許可:東京都知事許可(般-20)第108942
 Copyright (C) 2009 With Co.,Ltd. All Rights Reserved

ホテルの防音工事からピアノ・ヴァイオリンなどの楽器防音室まで、防音工事・音響設計はWithにお任せください